かんたん&すぐできる!離乳食レシピ 初期~中期 ハンドブレンダーを使ったレシピ

2019年9月7日

IMG_5659.JPG

我が家の赤ちゃんは生後7ヵ月。離乳食も中期に入っています。
食べる量も増えてきて、何が大変って、ゆでた食材を「つぶしたりこしたりする作業」。
ある程度まとめて作ろうと思うと腕も痛くなるし、すりつぶすのに時間もかかります。そこで、ハンドブレンダーを買ってみました。

ハンドブレンダーを使った離乳食の作り方

ハンドブレンダーを使ってうどん、おかゆ、ゆで野菜などを細かくすりつぶすことができます。

すり鉢を使うよりも早く「ペースト状態」にすることができるので、調理時間も短縮できます。

ハンドブレンダーはミキサーなどと違って、食材をそのまますりつぶすことはできません。

だし汁やスープなどの水分と一緒にすりつぶします。

たとえば、軟らかく煮たおかゆと茹でた野菜をまぜてすりつぶせば、そのまま冷凍保存して、使いたいときに使いたい分だけ解凍することもできます。

まとめて冷凍しておけば、離乳食の準備が楽になります。

離乳食レシピ本

離乳食のレシピは下記の本を参考にしてみてください。

離乳食おすすめ宅配

オイシックスは、子どもに安心安全なものを食べさせたい方におすすめ。
わたしも毎週定期的に利用しています♪

オイシックスで買える離乳食に使えるペースト


安心野菜のベジキューブ(にんじんペースト)


安心野菜のベジキューブ(かぼちゃペースト)

オイシックスで買える手づかみできるおやつ・食材


おやつや朝食に!国産ほうれん草のミニ蒸しパン


手づかみ食べに!鶏と豆腐とひじきのスティック

お試しセットを買ってみる

オイシックスにしてから、野菜が苦手な子どももパクパク食べてくれるようになり助かっています。


オイシックスの人気ミールキット ビビンバを作ってみました

離乳食作り ハンドブレンダー購入レビュー

ハンドブレンダー ブラウン

いくつかメーカーをピックアップして、口コミなどの評価がよかったブラウンのハンドブレンダー マルチクイックをアマゾンで購入。
ブラウンのハンドブレンダーの中でも、一番下の機種だけど、離乳食をすりつぶすのには十分使えます。

ハンドブレンダー ブラウンハンドブレンダー ブラウン

なんでもっと早く買わなかったんだろう。
これ超便利じゃん!!!

20~30分かかっていたすりつぶし作業が、ほんの5秒くらいでできてしまうんだもん。
たった数秒ですりつぶせる。なにこれすごい。

離乳食作りがだいぶ楽になりました。

1回ずつ手作りするなら、量が少ないので、すり鉢のほうがいいと思うけど、まとめて作って冷凍するなら、ハンドブレンダーがいいです。

ハンドブレンダー ブラウン

刃の部分は、水の中で数秒ブルブルすれば汚れは簡単に落ちるし、刃の方は洗剤つけて丸洗いもできるから衛生的です。

ハンドブレンダー ブラウン

刃と電源は、ねじって簡単に分解可能。

ハンドブレンダー ブラウン

プラスチックの計量カップは付属品。ここに材料を入れて作れます。

ゆでるのから刻んで混ぜるまで全部自動でやってくれるマシンを買おうと思っていたんだけど、値段がちょっと高くて調べたところ1万円くらいだった。
ゆでるのは鍋に入れてすぐできるし、大変なのはすりつぶし作業だから、それができればいい。
ハンドブレンダーは値段も手ごろだし、離乳食以外にも使えるし買ってよかったです。

離乳食初期から使える食材

米(やわらかいおかゆ)、うどん、そうめん
きゃべつ、にんじん、かぼちゃ、さつまいも、じゃがいも、玉ねぎ
バナナ
とうふ
白身魚、しらす など

初期~中期 離乳食レシピ うどん

離乳食のうどんを作ってみました。
にんじんはゆでて柔らかくしています。

IMG_5619.JPG

材料:ゆでうどん、にんじん、だし

IMG_5620.JPG

うどんがもっちりしていて、すり鉢ではなかなかつぶせません。

IMG_5621.JPG

ハンドブレンダーを使うと・・・

IMG_5622.JPG

あっという間にトロトロに!

IMG_5623.JPG

こんな感じで、離乳食の出来上がり。

IMG_5628.JPG

残りはシリコン製の容器に入れて冷凍保存します。

IMG_5624.JPG

離乳食作りのポイント

初期→水多め、ポタージュくらいのとろみ。野菜など粒が残らないようにすりつぶす
中期→トロトロ、粒は少し残るくらいに、舌でつぶせる固さ

初期と中期の違いはこんな感じです。
初期は10倍粥、中期は7倍粥ですが、きっちり計れなくても問題ないです。

最初はスプーンを吸うように食べますが、慣れてくると口をもぐもぐするようになります。
モグモグできるようになったら、少しずつ水分を減らして粒が残っても食べれるようになります。

初期~中期 離乳食レシピ おかゆ

ご飯と野菜のおかゆも作りました。

だし汁や野菜スープをつくって混ぜます。
とろみをつけるのに片栗粉を使ってもよいですが、おかゆに混ぜればトロトロになります。

まず基本のおかゆを作っておきます。
そこに茹でてペースト状にした野菜や、まとめて作って冷凍したスープなどを組み合わせて色々な味の離乳食が作れます。

スープを分けて作るのが面倒なので、ゆで野菜とおかゆを一緒に作りました。

IMG_5663.JPG

にんじん、きゃべつ、ごはん、まいたけ が入っています。

IMG_5664.JPG

10分くらい煮ました。

IMG_5665.JPG

ハンドブレンダーですりつぶします。

IMG_5666.JPG

あっというまにトロトロのおかゆが完成。

計量カップが付属していたのですが、100均でふた付きの500ml容器を買いました。
これがちょうどいい感じで使いやすい。

おかゆ、野菜ペーストなど、何種類か同時に作りたいときは、容器が2~3個あると作りやすいと思います。

IMG_5667.JPG

これもシリコン製の容器に入れて冷凍保存しておきます。
食べさせるときにそのまま解凍できます。

IMG_5687.JPG

熱湯をかけて塩ぬきした「しらす」をすりつぶしトッピング。
「しらす」は量が少ないので、100均一で買った小さなすり鉢ですりつぶしました。
おかゆと混ぜて冷凍保存してもよいのですが、別にしておくとおかゆの味が変えられます。

ブレンダー用のふた付き計量カップ、ミニすり鉢は100均一で購入
100均一のすり鉢はとても小さい手のひらサイズなので、トッピングの「しらす」1食分をすりつぶすのに使いました。

離乳食 冷凍保存の仕方

ジップロックのような、冷凍もできる袋に入れて冷凍庫で保存します。

IMG_5688.JPG

野菜のペーストやトッピングにするものは、小分けの容器を使いません。
薄くのばして入れておけば、取りたい分だけ使えて便利です。

離乳食作りと食べさせるのに使っているもの

時短 離乳食作りに欠かせないアイテム。すりつぶし、混ぜるが簡単。

お得なセットのブレンダーもあります。
是非こちらもチェックしてみてください。

氷もOK!

「潰す」「混ぜる」「泡立てる」「刻む」がこれ1台で!

アタッチメントの付け替えで、料理の下ごしらえから、ポタージュ、離乳食作りなどが簡単にできるマルチスティックブレンダー。氷も砕くことができるので、シャリシャリ食感のスムージーもお家で気軽に楽しむことができます。女性の手になじみやすいスリム&軽量設計。3分連続で使用できるので、お料理のバリエーションが広がります。DCモーターは、省エネ性も◎。試してみたくなるレシピ付きです。お好みに合わせてかわいい3色からセレクトして。

すりつぶした「おかゆ」や「うどん」を冷凍保存するのに使ってます。
シリコンがやわらかいので、凍ったままでも取り出しやすいです。

キューブ状に冷凍したらジップロックなどの保存袋に移し替え、また追加で作って容器で冷凍保存していく、という使い方もできます。

スポンサーリンク

ayuayu記事を書いたひと:あゆあゆ 4児のママ
マタニティ・出産準備、ベビーグッズの選び方、入園&小学校入学準備、出産・子育てについて書いています。ベビーグッズや子育てアイテムのレビュー記事多数。チャイルドマインダーと食育インストラクターの資格を持っています。

プロフィール
お問い合わせ
メディア掲載 ・サイト実績