子どもが病気になって、ふと気づいたこと

子どもの発熱
長男が体調を崩していたのですが、子どもは学校、わたしは仕事があるので、夕方帰ってきてから病院に連れて行く予定でした。
続いて次女も体調悪くなったので、二人一緒に行こうって話をしていて。

朝起きてみると、長男が体調悪くて泣きそうになっています。
大人だって病気になると、気持ち的にも弱ってしまいますよね。

学校は休むとして、仕事に行くかどうしよう?
でもこんな状態では・・と午前中にネットで予約を入れて病院に連れて行くことにしました。

ということは、私は仕事を休むということ。
あんなに辛そうだった長男が、一瞬治ったのかな?と思うくらい元気復活。
(体調悪いのは変わらないけど)

ああ、ここにいるってだけでこんなにも子どもにとって精神的に違うのか~と思いました。
よく子どもが体調悪くなって、欠席するってなったとたん元気になるみたいなのに似てる。

子どもの様子にも驚きなのだけど、
お母さんとして何もしなくても居るだけで価値があるってこと?!
という大きな気付きをもらえました(´ー`)

早く病院に行けるのと、学校休みになってうれしかっただけかもしれませんが(笑)。

スポンサーリンク

ayuayu

記事を書いたひと:あゆあゆ 4児のママ
マタニティ・出産準備、ベビーグッズの選び方、入園&小学校入学準備、出産・子育てについて書いています。ベビーグッズや子育てアイテムのレビュー記事多数。チャイルドマインダーの資格を持っています。食育インストラクターの資格をとるために勉強中です。

プロフィール
お問い合わせ
メディア掲載 ・サイト実績