先月、赤ちゃんが生まれました。
なんとびっくり、予定日ぴったりの40週に誕生しました。

スポンサーリンク


年末から引越作業で、すごく大変だったけど、いろいろ落ち着いてきた頃にタイミングよく生まれてくれました。

早朝5時、陣痛に気づいて目が覚めました。
間隔を計ってみると、15分、次は13分、次は10分、8分・・・と陣痛が1回くるたびに間隔が短くなっていくのです。
いつもは、しばらくは同じ間隔で陣痛がくるのに、お産の進みが早いみたいで、このままだとお昼までには生まれてるなあと思いながら、急いで身支度を。

腰が重く痛い感じは陣痛で間違いないし、トイレに行くとおしるしがあり・・いよいよ出産!

出産予定の病院に電話で連絡。

タクシー会社に電話をして自宅まで来てもらおうと思ったら、今車が一台もいないから、いつになるかわからないとのこと・・・・・!

慌ててもう1社のタクシー会社に電話して、無事来てもらえました。

家から病院までは、そう遠くはないけど、入院の荷物を持って、陣痛に耐えながら歩いて病院まで行くのは大変なので、そのときはどうなることかと思いました・・・。

夫と話をして(今日これから子供たちどうするかなど)はじめの陣痛に気づいてから、1時間半が経過してました。

病院に着くと直接分娩室へ。
畳のある和室で少し横になって問診を受けたりしていました。

病室へ行くこともなく、分娩台で陣痛に耐えながら、2時間くらいで無事出産しました。
出産の時間は、赤ちゃんが生まれたあと胎盤が出るまでの時間なので、赤ちゃんが出てくるまでの時間はもう少し短いということです。

最初は子宮口の開きが4センチくらいだったのに、陣痛がくるたびに進んでいる感じがわかりました。あっというまに10センチ全開に。

お産の時間が短かったので、1人目のときに比べたら産後はずいぶんと疲労が違うけど、陣痛は同じように痛かったです。

看護師さんが抱き枕のようなクッションをわたしてくれたのだけど、陣痛の痛みをやわらげるのに、すごくよかったです。

助産師さんがアロマオイルでお産のあいだ、腰をずっとさすってくれていて、それも初めての経験で、すごくよかったです。

分娩室はアロマオイルがほんのりと焚かれていて、オレンジとかラベンダーのような香りがしました。

壁には大きな液晶テレビがついていて、水中の生物がうつった映像が流れていて、不思議だけど、痛いときに見てると意識が痛みから離れる感じもありました。

そんな感じで、いろいろと工夫された環境で出産できました。
お産の進みが早くて、いきんだのは1回だけ、会陰切開もなしで安産だったと思います。

4人の子供の中で一番大きい3144gで生まれました。
でもあんまりぷくぷくしてる感じがなくて、瘦せてます。

DSC_0832

出産までのことや、入院中、産後の生活など、これから少しずつ書いていきたいと思います。