授乳できるマタニティブラ(クロスオープン)購入・詳細感想レポ【妊娠初期のお買い物】

2015年10月27日

マタニティショーツ&ブラ

妊娠初期に購入したマタニティブラ。産前産後用。
マタニティブラのほとんどが授乳にも対応しています。

マタニティブラ 素材とサイズ選び

マタニティショーツ&ブラ

妊娠初期からすぐに胸が張りだして、いつものブラがきつくなったので購入しました。

妊娠中から授乳期にかけてバストが2~3カップくらいサイズアップします。
授乳中は授乳前後で胸の張りによって大きさが変わるので、作りに余裕のあるマタニティブラ(授乳ブラ)は必須アイテム。

マタニティブラは妊娠中から産後まで長く使えます。

●必要枚数は?
最低でも2~3枚は必要。

いろいろなマタニティブラがあるので、寝るときや部屋で着ける用、外出用など分けて購入してもいいと思います。

●素材選びについて
個人的な好みですが、綿素材は付け心地がよくて、肩紐などがシャツからチラ見えしても下着っぽくなくて好きです。

冬はそんなに気にしなくても良いけど、薄着になりがちな夏に購入したので、見えてもタンクトップみたいなカジュアルな素材を選びました。

●サイズ選びについて
このマタニティブラは細かいサイズ選びが可能でした。

マタニティブラはS~M、M~Lなどサイズがアバウトなものも多いですが、アンダーとトップで細かく選べるほうが、今のサイズにちょうどあったものが選べるので付け心地はよいです。

●マタニティタイプの種類について
ハーフトップ、クロスオープン、ブラタイプなどいろいろありますが、今回はクロスオープンタイプというの買いました。

ブラの中心部分をめくって授乳できるので便利だと思います!
今まで買ったことのあるマタニティブラは、ボタンタイプで、授乳のたびに付け外しが面倒でした。

ボタン全開にしてしまうと、授乳していない片方のブラも胸から外れるので、母乳がもれて服に染み出ることもありました。

クロスオープンタイプなら、片方だけ出して授乳できるので、母乳漏れも防げるし、実際に付けてみると、こっちのほうが良いなあと思いました。

購入したマタニティブラの特徴

見えてもブラひもに見えないシンプルデザイン。L字ワイヤーなのでバスト中央部がくいこみにくく、カップを下にひき下ろして授乳できる機能つきだから産後にも。

購入時の価格2枚セットで2459円(税込)
ベルメゾンネット限定(カタログ未販売)

☆特徴☆
●フルカップ
●L字型ワイヤー入り
●ボーン入り
●後ろホック:2列4段階調節
●クロスオープンタイプ
●綿、ポリウレタン
●中国製

マタニティショーツ&ブラ
二重になっているので、パットをいれることができます。

マタニティショーツ&ブラ
肩紐は調整可能。
前から見ると、ブラの肩紐っぽく見えないところが気に入ってます。

マタニティショーツ&ブラ

アンダーも3段階で調整可能。
ダブルホックで外れにくいです。

☆感想☆
ワイヤー入りはあまり好きじゃなくて、でもこれはワイヤー入りなのですが、すごく柔らかくてほんとに入ってるの??と思うくらい付け心地がよいです。
ぜんぜん苦しくないし、アンダーが食い込むこともないです。

ブラの生地も綿素材でやわらかくて、チクチクしないから乾燥・敏感肌にはうれしい。

サイズを測ってぴったりのを購入したのですが、産前産後仕様なのかバストのふくらみ部分が少しゆったりしているので、さらに母乳で胸が大きくなる授乳期もつけれそうでよかったです。

こちらから買えます

スポンサーリンク

ayuayu

記事を書いたひと:あゆあゆ 4児のママ
マタニティ・出産準備、ベビーグッズの選び方、入園&小学校入学準備、出産・子育てについて書いています。ベビーグッズや子育てアイテムのレビュー記事多数。チャイルドマインダーの資格を持っています。食育インストラクターの資格をとるために勉強中です。

プロフィール
お問い合わせ
メディア掲載 ・サイト実績