出産直前から産後に必要な、産褥ショーツ(産じょくショーツ)の選び方と必要枚数について。

スポンサーリンク

産褥ショーツ(産じょくショーツ)とは

産じょくショーツは出産直後から始まる、悪露(おろ)の手当てに使います。
妊娠後期までには購入して、入院用の荷物と一緒にまとめておきましょう。

出産が始まる時に産褥ショーツに履き替えて、大きくて分厚い出産・産後専用ナプキンをつけます。

破水する場合もありますので、陣痛が始まったら履き替えると良いと思います。
わたしの場合は、陣痛が始まって病院に行き、入院が決まったら履き替えました。
陣痛が始まると、助産婦さんが定期的に子宮口の大きさを調べます。

出産直後は看護師さんや助産婦さんに手当てをしてもらいます。
通常のショーツと違い、産じょくショーツはクロッチ部分が開閉できるので、手当てのたびにショーツを脱ぐ必要がなくとても便利。
防水加工してあり、汚れにも強いのが特徴です。

出産直前にはくものなので、サイズが少し大きめですが、内側は防水布がついているので、産後のサニタリーショーツとしても使えます。

産褥ショーツ(産じょくショーツ)の選び方・必要枚数

産じょくショーツは、出産中・出産直後から使用するショーツです。入院準備に欠かせないアイテムのひとつです。
出産予定日に合わせて、2枚ほど準備しておくと安心です。

出産入院が決まると、出産直前、破水して汚れても良いように産じょくショーツにはきかえて、お産用のナプキンをつけます。産じょくショーツは脱がずに開閉ができるので助産婦さんが子宮口の開きを確認するときにも便利。
管理人ayuayuは、ワッフルパイル地のふわふわしたショーツを購入しました。
履き心地がよかったです。


産褥ショーツ(dix mois by NAOMI ITO/mercy pocho)
いとうなおみさんデザインの産褥ショーツ。
[ベルメゾンネット](カタログ未掲載) ネット限定


産褥ショーツ(全開タイプ)
肌にやさしい綿100%素材。控えめな花柄が使いやすい 帝王切開でも着脱が可能な全開タイプ。股のマチ部分の角が丸く、綿100%素材で肌にやさしいはき心地です。
[たまひよ&すっくのネットショップ]