赤ちゃんが生まれてすぐに使うもの(沐浴・おむつ・授乳用品)リスト

赤ちゃんが生まれてすぐに必要なものは、出産前にそろえておく必要があります。

ここでは最低限、必ず準備しておきたいものをリストアップしました。
出産して、退院後すぐに自宅で使うものです。

赤ちゃんの沐浴グッズ

出産退院後、当日または翌日から沐浴するので必要なものです。

<必ず必要>
ベビーバス
沐浴布(大きめのガーゼ)・普通の大きさのガーゼ
石けん(低刺激のもの 泡で出るタイプが便利)
洗面器

湯上り用のタオル
新生児用の肌着

<あると便利>
温度計

ベビーバスは、食器を洗う大きめの容器などプラスチック製のもので代用も可能です。
すぐに大きくなるので、ベビーバスの方が長く使えます。
お風呂場のスペースの問題などがある場合は、空気を入れて膨らませるタイプなど選ぶといいと思います。

ガーゼは、赤ちゃんを湯船につけている間、お腹にかけておくものです。
何もかけないと怖がって泣くこともあるので、ガーゼは必要です。
体を洗うのに、普通サイズのガーゼもあると便利です。

石けんは、赤ちゃん用のものや、無添加のものを選ぶといいです。
洗面器は、家であるものでもOK
お風呂から出る前に赤ちゃんの体にかけてあげます。

温度計はなくても大丈夫ですが、赤ちゃんがのぼせないように、温度調整すると安心です。

新生児用の肌着は、汚れやすいので多めに用意しておくと洗濯が楽です。

沐浴の方法についてはこちらに書いています
赤ちゃん(新生児)沐浴方法と必要なベビーグッズ

赤ちゃんのおむつなど衛生用品

おむつ 新生児サイズ・Sサイズ それぞれ1パック
赤ちゃんのおしりふき
使用済みおむつを入れるもの
つめきり

おむつは新生児サイズを選びます。
生まれてすぐの赤ちゃんの成長は早いので、新生児サイズは1パック用意して、成長に合わせて買い足していくと無駄になりません。
出産前に準備するのは、新生児サイズとSサイズが1パックずつあれば間に合います。
産後1ヶ月は外出があまりできないので、ネットで購入するなどすると楽です。

赤ちゃんのおしりふきは、アルコールが入っていない専用のウェットティッシュを選びます。
赤ちゃんが大きくなっても、食事中に手や口を拭くのに使ったり、何かと使い続けるアイテムです。
たくさん使うので、まとめ買いしても良いです。

おむつを入れておくものは、蓋付のバケツなどで良いのですが、小袋にいれて捨てても匂いがします。
部屋の中で匂いが気になる場合は、専用のものを使うなどするといいと思います。

赤ちゃんは爪が伸びると、顔をひっかいてよく傷になるのでこまめにお手入れが必要です。
まだ小さい爪には、ハサミタイプの爪切りが切りやすいです。


赤ちゃんのおむつや粉ミルクは、ヤフーとアスクル共同ショップ「ロハコ」がおすすめです。

赤ちゃんのミルク・授乳用品

授乳用のガーゼ
授乳用クッション

<ミルクの場合>
粉ミルク
哺乳瓶
哺乳瓶の消毒用品

<母乳の場合>
搾乳器
母乳パット
乳首ケア用品

出産退院後すぐに必要なもののひとつが授乳用品。
母乳育児の場合でも、授乳用ガーゼは使います。
長時間で腕が疲れるので、授乳用クッションを使うと楽に授乳できます。

粉ミルク用のお湯は、ペットボトルで売られているようなミネラルウォーターは使えません。
(赤ちゃん専用と書いてあるものは大丈夫です)
ポットややかんで一度沸騰させて少し冷ましたお湯を使います。
わりと頻繁に授乳するので、ミルクで育てる場合は、これがやや面倒です。
ウォーターサーバーがあれば、水もお湯もすぐ使えるのし、家族も一緒に使えて楽でいいな~と思います。


温度調整が楽ちん。赤ちゃんの粉ミルクにも使えるウォーターサーバー。

生後半年くらいまでは、一度使った哺乳瓶は消毒します。
煮沸消毒や薬液消毒などがあります。

スポンサーリンク