わんパグ illust776_thumb

[出産体験データ]
出産年月:2005年4月
病院:個人産院
お産方法:普通分娩
—————————-

その日は妊婦検診を受けていました。先生には、少し陣痛が始まってるようですね。もうそろそろ生まれそうですよ。

ええっ??

スポンサーリンク

予定日よりも10日ほど早かったし、お腹の痛みも軽いものだったので、まあ数日中には生まれるかなと思っていました。

その日の夜、生理痛のような痛みが。

前陣痛か、お腹下したか?くらいの感じでした。でも、ちょっと痛みが続くので時間の間隔を計ってみると10分おきにきてるような感じ。一応、産院へ電話を入れて見ると、もしかしたら一旦おさまるかもしれないので、もう少し様子を見てくださいとのこと。

数時間後にはもう陣痛が3分間隔くらいになっていました。夫はその夜、仕事の関係で遅くなっていたのでメールで連絡を入れました・そんなにすぐに生まれそうとは思わなかったようで、なんども連絡して、ようやく事態を把握し、慌てて帰ってきてくれました。

2歳の上の子がいたので、陣痛に耐えつつ一緒に遊んで随分と気が紛れたのを覚えています。その後、夫の車で病院へ向かい、到着後2時間ほどで生まれました。出る前に病院へは連絡を入れておいたのですが、お産の進みがはやく、助産婦さんたちはバタバタと準備していました・・。

何とか病院で出産することができましたが、夫の帰りが遅かったり、病院へ向かうのが遅かったら・・・と思うと今でもゾッとします。

一人目の出産の時は、すぐに車で病院へ向かいました。二人目のときは、夫が夜仕事から帰ってきてからバタバタしていたのもあって、タクシーで行くか車で行くかまごついてしまいました。

その間にも生まれそうーと少々パニックに。タクシーを呼ぶにも、普段ならインターネットで調べたりもできますが、産気づいてるときには無理!さすがに、二度目の出産とはいえ、そんな状態では落ち着いて考えられませんでした。