娘たちの小学校の学校開放日だったので授業を見学してきました。
授業参観とはまた違うもので、何時から何時までの間、自由に教室に入って見学しても良いという日。

スポンサーリンク


次女→グループ発表、書写(毛筆)
長女→国語、英語

3年の次女は、グループ発表会でした。
学校行事について先生方に取材し、インタビュー内容をまとめ、人前で発表するという流れ。
こういうのって大人になってから、とても役に立つスキルなので小学生の頃から鍛えておくといいと思いました。

学校行事、例えば運動会や始業式・終業式について。
どれも知ってることだけど、1つ1つに意味があって、その理由もわかり、勉強になったようです。
修学旅行や林間学校、卒業式については、まだ未知の世界だけど、どのグループもよくまとめられていて感心しました。

5年の長女、国語の授業では、和語と漢語について。
例えば、和語と漢語で同じ意味になる言葉
和語:学ぶ → 漢語:学習

同じ漢字で文章によって読みが違うもの
<生物> 和語:いきもの 漢語:セイブツ
などなど。

英語の授業は、想像してたよりも本格的でした。
クイズ形式で英語で話す音声が流れて、どの絵について言っているか当てるというもの。

こどもたちみんな聞き取れてるみたいですごいな~。
こういう内容ならどんどんやって欲しい。
わたしたちが中学校で習った英語とは全く違う感じでした。