BBQコンロ

モニター用に頂いた、ベルメゾンのBBQコンロを使って庭でバーベキューをしました。
GW頃にやるぞ!と決めて..

スポンサーリンク


芝刈り職人PRO

草むしりしたり、芝刈り機で芝や雑草を短くしたり・・・
庭のメンテを何とか終わらせまして、ようやくBBQができる環境を整えました。

庭でやると、家の中から必要なものを出したり、疲れたら部屋で休んだり、気軽にできるのが良いですよね。
1歳児はお部屋で待機していて、みんなが食べている時に、ちょろっとだけ庭に連れて行きました。
レジャーシートの上に置いたのに、じっとしていられず、みんなのジュースを飲もうとしたり(!)裸足で芝生の上を歩こうとしたり(!)庭にサークルを出してその中に入れたくなりました(笑)。

蚊取り線香やら、熱々のBBQコンロなど危険なものがいっぱいですからね・・。
でも、小学生と中学生の上の子どもたちはとっても楽しんでいた様子。
またやりたいね、と話しました。

BBQ用意したもの

バーベキュー準備

BBQコンロ
木炭
軍手
アルミホイル
うちわ
新聞紙
網に塗るサラダ油(コンロに乗せる前に塗る)

ステンレス製の串
トング(炭用と焼き用)
割りばし
紙皿
紙コップ
レジャーシート
折りたたみテーブル

ミルクの空き缶
蚊取り線香
虫よけ
殺虫剤

チャッカマン
着火剤

保冷材
保冷バッグ
タオル

ゴミ袋

食べ物
飲み物

など

BBQコンロで木炭に火をおこす方法

バーベキュー

新聞紙を小さく丸めて火をつけ、木炭に火を移します。
木炭がパチパチと音がし始めたら、うちわで思いっきりあおぎます。
そうすると火が大きくなってきます。

バーベキュー

しばらくすると炎はおさまってくるので、そうしたら食材を焼くことができます。

バーベキュー

着火剤も購入しましたが、使わなくても火が付きました。

天気のいい日お昼頃始めたので、とても暑かったです。
テントか屋根が欲しくなりました。

バーベキュー

ステンレスの串にから揚げ用の鶏もも肉を刺して焼いてみました。
皮がカリカリに焼けてて美味しかったです♪
これは家のガスコンロやホットプレートなどでは、作れないなあと思いました。

バーベキュー

反省点

コンロにアルミを巻いておくと後片付けが楽、というのを聞いて軽く巻いていたのですが、火の強さがすごくてコンロにも焼き跡がついてしまいました。
もっとしっかりカバーしておいたほうが良かったかも

残った木炭は、ミルクの空き缶に入れて冷ましました。
火が付いているので、すぐに缶が熱くなりました。
触るときは軍手必須です。
直接、木炭に水をかけると危険なのでやってはいけないということです。

火が付いた木炭は火消し壺などがあればベスト。
ミルクの空き缶でなくてもいいのですが、サイズ的にちょうどよかったです。
ふたがプラスチックで使えないので(熱くて溶けるか焼けるかも?)、できれば専用のものの方が良いと思います。

感想

火力が強いので、肉などはすぐに焼けます。
肉の脂が落ちると煙が出やすかったです。
ウィンナーやトウモロコシなどを焼くときは、それほど煙は出ませんでした。

バーベキュー

友達も呼んだので、子供が5人いましたが、すぐ焼けるので次々食べれる感じです。
それほど大きいBBQコンロではありませんが、すぐ焼けるし持ち運びしやすいし、これくらいのサイズがちょうどいいと思いました。

友達が持ってきてくれたポップコーンも作れました。

木炭はアマゾンで2.5kgを買いましたが、まだまだ未使用で残ってます。

どこかに行ってやるとなると、乳幼児を抱えてはとても大変で無理ですが、庭なら手軽にできて良かったです。

また庭でBBQをやりたいと思います。

暑いけど蚊が少ないお昼はベストでした。
片づけする夕方ごろには、やぶ蚊がたくさん出てきていました。

モニターさせて頂いたバーベキューコンロはこちら
折りたたんでコンパクトに持ち運べるのがGOOD!

ステンレス製折りたたみ式コンパクトバーベキューコンロ