日差しが強く、暑いときはなるべく外に出ないのが一番ですが、どうしても赤ちゃんを連れて外出しなくてはいけない場合もありますよね。
ベビーカーでお出かけする際に気を付けたいポイントをまとめました。

スポンサーリンク

ベビーカーの日よけ

日中の外出時は、できるだけ直射日光が赤ちゃんにあたらないようにします。
赤ちゃんの日焼け対策にもなりますし、日よけすることでベビーカーの中の温度を上げないようにできます。

ベビーカーに直接日が当たると、シートの温度が40度を超える場合も。
ベルトのプラスチック部分もかなり熱くなり、赤ちゃんが触ってやけどする危険もあります。

バギーなど、日よけの帆が小さい場合は、別に取り付けできる大きな帆で対応できます。
風が通るようにして、ベビーカーの中の空気がこもらないように注意しましょう。

ベビーカーシートを冷・涼しい素材にする

ベビーカーのシートを冷たく冷やせるものがあります。
暑い日のお出かけにおススメです。

ひんやりカドリーベビーカーシート たまひよSHOP
じっとりしがちな背中やおしりの下もサラサラ気持ちいい 冷媒ジェルで”ひんやり”体感。冷凍ではなく水に濡らしてひんやりさせるタイプなので、肌を冷やしすぎないのが嬉しい。

夏のベビーカーの選び方

夏生まれの赤ちゃんには、座席が地面から高さのあるベビーカーがおすすめです。
アスファルトの照り返しを受けて、ベビーカーに乗っている赤ちゃんは、大人が感じるよりかなり暑いです。
地面に近いほど熱さを感じやすくなります。

ベビー小物で日よけ

赤ちゃんに帽子をかぶせたり、日よけ用のフットカバーをしたり、という工夫もできます。
カバーを付けるときは、暑い空気がこもっていないかこまめにチェックを。

ひんやり・吸汗速乾&抗菌防臭 裏面ガーゼのリバーシブルケット たまひよSHOP
異素材リバーシブルだから 通年で使えます 表面はひんやり・吸汗速乾&抗菌防臭素材で暑い日に、裏面はガーゼ素材で肌寒い日にと、使い分けできるオトクなリバーシブルケット。1年中活躍します。

夏のお出かけ熱中症対策

ベビーカーの暑さ対策をしていても、長時間座らせるのは避けるようにします。
運動会など長時間外に出るときは、なるべく日陰の涼しい場所へ。

汗疹にも気を付けてください。赤ちゃんは汗をかきやすいです。
通気性の良い服を着せて、こまめにおむつ替えすること。
汗をかいたら、やわらかいタオルなどで拭いてあげましょう。

こまめに水分補給することも大切です。