助産師さん
ゆかりさん一人目の出産体験談です。

スポンサーリンク

赤ちゃんのデータ

出産年月:2016年8月
病院:個人産院(里帰り出産)
お産方法:普通分娩
体重:3146g
身長 :51cm
性別:女の子

前駆陣痛?病院へ

7月31日の朝5時過ぎから急に生理痛のような痛みと腰の痛みがおこって、もしかすると前駆陣痛というものか、と思いながら横になっていると少し楽だったので横になってリラックスするようにしてました。
お昼に買い物など出かけて少し動いたり、30分〜40分おきに痛むので、気分転換しました。

夕方16時半頃に朝からずっと変わらず痛むので、もしかしたら陣痛の前ぶれかなと思って一度病室に電話しました。
おりものも2日前くらいから茶色くなっていたのと、水っぽくなっていたので、おりものか破水かも確認しますと来院を促され行きました。

結果は破水はしていなくて、まだ陣痛まで起こっていなかったので、一度帰宅しました。

陣痛が15分おきになる

帰宅後急にお腹の痛みが15分位で痛みも強まって来ました、でも翌日に検診予定だったのと、金曜日までは全く子宮口が開いていなかったのが、夕方子宮口が前より少し開いてますと言われたのもあり、まだすぐには産まれないと思いながら我慢してました。

再度病院へ 陣痛5分おきに

遂に22時半頃10分を切ってお腹が痛くなったので、このまま朝まで痛みに耐えられないと、また病室に電話しました。
すぐに病室に向かい、NSTの機械を取り付けられ、40分位検査。

その間も5分置きくらいでお腹が張って痛んでいました。
先生の内診で先生もびっくり!7.8センチ位子宮口が開いていて柔らかくなってます、と言われました。

分娩室へ移動

分娩台

一度病室に行き、破水か痛みが強くなったらまた知らせるように言われましたが、病室に行ってすぐに我慢できず、0時前に分娩室へ向かいました。
そのあとは力みたかったら力んで下さい、と言われて力むの我慢してと言われると思っていたので、痛みのタイミングに合わせて息をはいて力みました。

腰が痛かったので看護師さんに腰を押してもらいながら、2時6分に元気よく出てきてくれました。

陣痛の痛みに合わせて呼吸をする事で痛くはありましたが、痛みの弱い波の時は冷静にしゃべる事も出来る感じで、分娩台で2時間程で産まれたので、もっと気が失う位の想像をしてましたので、乗り越える事が出来ました。

先生にも素晴らしい出産の進みでしたと褒められました!
7月予定の妊婦さんで一番心配していたそうですが、陣痛の間隔が5分置きになった8時から6時間のお産で安産となりました。

新生児赤ちゃん

出産を終えて

色々前準備でインターネットなどで出産にまつわる内容を見すぎて、不安でしたが、お産の最中にとにかく赤ちゃんも頑張って出てこようとしているから頑張らないと!と自分で励ましながら頑張りました。
ヨガで呼吸法を意識してましたが、お産も呼吸法は大事だなと思いました、息を吐く事が上手く出来たのがスムーズに進んだんだと思います。

出産 新生児

関連記事:ゆかりさんのマタニティライフレポ
妊娠2か月(6週)から出産直前までの妊婦健診のレポートです。