いちえ水 化粧水&美容液

国産オーガニックコスメ「いちえ」の「いちえ水化粧水」と「いちえ液美容液」のサンプルサイズのミニボトルをモニターさせて頂きました。
エコデパジャパン 生活アートクラブの商品です。

スポンサーリンク

「いちえ」について

化学物質は完全無添加、100%天然植物原料で作られた日本製のスキンケアコスメです。

子供がまだ小さいと、ママの顔をさわったりもしますよね。
ママも子供の身体に触れる機会がまだまだ多いものです。

お腹に赤ちゃんがいる妊娠中から気になり始めて、ナチュラル・オーガニックなコスメに興味を持つ方も多いのではと思います。
オーガニックコスメもいろいろありますが、100%天然植物原料でこだわって作っているコスメは、それ以外のものより圧倒的に少ないと感じます。

「いちえ」シリーズは、食用可能な原料のみで作られているので、妊娠中の方や小さな赤ちゃんがいるママも安心して使えると思います。

では、肝心の使い心地について感想を書いていきたいと思います。

いちえ水の成分と感想について

まずは、いちえ水という化粧水から。
日本アトピー協会推薦品。
国産原料100%で完全無添加、天然成分100%のローションです。

いちえ水 化粧水&美容液

【いちえ水】の成分
水、グリセリン、アロエ葉肉、アオキ、スギナ、ドクダミ、ヨモギ、会津高麗人参、レモン、センブリ、アカメカシワ、ヒマワリ、クサノオウ、ハトムギ、月桂樹、梅葉、ヘチマ、カモミール、ローズマリー、ウコン、ヤブガラシ

内容量30ml

グリセリンって化学物質っぽい名前ですが、頂いた資料によると、保湿目的で配合された植物(ヤシの実)と書かれていました。
これだけ多くの植物成分が入っているのに、変なニオイとか全くしません。
さらっとしてて無色透明。
見た目は水のようですが、つけると少し肌がしっとりした感じになります。

ストレス過労による肌荒れい、老化により固くなった皮膚、アレルギー、アトピー、かぶれ、かゆみ、湿疹、蚊の巣、しみ、しわなど肌トラブルが気になる場合でも安心して使えるそうです。日焼け、雪焼け後の肌にもいいそうです。

ボディオイルの前に、パシャパシャつけても良さそう。

基本の使い方は、洗顔後やメイクなどして肌の乾燥が気になるときに付けます。

妊娠中や産後の肌は、ホルモンバランスが崩れて不安定になりがち。
肌がどういう状態でも使えるって嬉しいですよね。

いちえ液の成分と感想について

次に、いちえ液という美容液です。

【いちえ液】
水、グリセリン、椿油、アロエ葉肉、イチョウ葉、スギナ、ドクダミ、ハトムギ、会津高麗人参、アマチャヅル、ヤブガラシ、山クルミ、ユキノシタ、ツチアケビ、シソ葉、カモミール、ローズマリー、スイカズラ、カラスウリ、ゴボウ、笹葉、ヘチマ水

内容量20ml

いちえ水 化粧水&美容液

こちらは「椿油」が入っているのが特徴です。
水と油が入ってるので、肌の上で弾くような感じに。

いちえ液の「椿油」は、長崎県五島で取れたもので、保湿目的で配合されています。
「椿油」は、抗酸化力にも優れているそうです。

界面活性剤などの乳化剤は使用していないので、赤ちゃんにも安心して使えるとのこと。
こちらもいちえ水同様、食用可能な原料のみで作られていて、目や口に入っても安全。
ニオイも感じられないし、クセがないので使いやすいです。

保湿力が高く、肌がとてもしっとりします。
椿油って髪につけるイメージがあったけど、肌との相性も抜群に良いみたい。
ごく少量(数滴)付けただけで、肌がもちもちしてきました。
オイルだけつけるよりずっと肌なじみが良いし、少量で済むからコストパフォーマンスも良さそう。

ママと一緒に赤ちゃんのスキンケアもできちゃうっていうのも良いですね。

化粧水は30ml、美容液は20mlです。
お試しするには十分な量です。
価格も400円と手ごろなので、是非お手に取って本当のオーガニックコスメの良さを実感してみてください。

こちらから購入できます
いちえサンプルセット(いちえ水・いちえ液)